コーヒーの育つ環境

コーヒーの育つ環境

コーヒーがどこで出来るかをご存知でしょうか。

コーヒーの生産国でブラジルやコロンビア、エチオピアなど暑い国で生産されているのを知っている人が多いのではないでしょうか。

コーヒーはある一定の場所でしか作れません。

それはスペシャリティコーヒー、コマーシャルコーヒーに限らず栽培出来る場所が限られています。

緯度で言いますと赤道を挟み、北緯25度線と南緯25度線との間をコーヒーベルトと呼びます。

 

「coffee belt」の画像検索結果

 

上記で線が引かれているコーヒーベルトの間のみで栽培されます。逆に言うとそれ以外では栽培できません。

ちなみに日本の沖縄諸島もコーヒーベルトに含まれていて日本産のコーヒーを栽培することは可能です。(なぜ日本産のコーヒーを見ないかは後で説明します)

皆さんが普段飲まれているコーヒーはコーヒーノキから栽培されたものです。みかんがみかんの木から栽培されるのと同じです。

 

コーヒーノキが育つ環境は?

「コーヒーの木」の画像検索結果コーヒーノキ

先程紹介しましたコーヒーベルトですが、その中ならどこでも育つというわけではないのです。

コーヒーノキは繊細な木で気候、日当たり、温度、土の質、標高の5つを一定条件満たさないと育たないわがままな植物なのです。

気候 : 年間1500mmから2500mmほどの雨量が必要でなおかつ雨季、乾季が別れている

日当たり:一定量は必要だが日光が強すぎると枯れてしまう。

温度:暑いところでしか育たない印象を持っているがが平均気温20度前後が一番適している温度であまり暑すぎると育ちません。赤道周辺でしか育たないのに涼しいところでしか育たないという、とてもわがままです。コーヒー農園は炎天下の暑い場所というイメージがあるかもしれませんが、日本の夏よりもよっぽど涼しい場所なのです。

土質:栄養が沢山あり、水はけがいいこと。水はけが悪いと根腐れしてしまうそうです。

標高:500mから2500mの山や高地で育つ。これも理由は温度と似ていますが、おいしいコーヒーを育てるには寒暖差が必要なのです。標高が高いほど高級なコーヒーになっていく傾向があるのですが、その理由は寒暖差が激しいため実がしまったコーヒーが出来るからです。

コーヒーベルトに入っているのに日本産のコーヒーを市場で見ない理由

フルーツや野菜、お米など日本産のものはどれも美味しいですね。日本人は手間ひまかけ丹精込めて作ります。それをコーヒーも同じように生産したら、すごく美味しいコーヒーを作れるのではないかと思う方もいるでしょう。

先程も言いましたとおり日本の沖縄諸島一部ではコーヒーを栽培することは可能です。また、実際沖縄諸島では小さいながらコーヒー農園があります。しかしながら、日本には雨季と乾季が存在しません。また沖縄諸島は台風の通り道にもなってしまい繊細なコーヒーは台風によってやられてしまいます。また、先程述べた5つの環境も整っていないのが現状ですので、コーヒーを生産することが極めて困難であります。ですので現状は個人生産等で大規模には行えないため、ほとんど流通はしておりません

コーヒーは病気にとても弱い

こんなわがままな環境でしか育たないコーヒーノキですが、更に病弱でもあるのです。

別記事で詳しく紹介させてもらいますが、さび病というコーヒー農園にとって最も恐れられている病気があります。

一度さび病にかかってしまうと伝染力がとても強いため、またたく間に周りの木を巻き込んで、最悪の場合農園が崩壊する恐れもあるのです。

農家の方はサビ病からコーヒーを守るのにとても必死になっています。

 

「コーヒー農園」の画像検索結果

 

Coffeeカテゴリの最新記事