スペシャリティコーヒーとは

スペシャリティコーヒーとは

スペシャリティコーヒーってなんだい?

 

意外とこの質問コーヒー通の方でも意外と答えられない質問だと思います。

スペシャルなコーヒーでしょ!って思ったそこのあなた、大当たりです。

その通りで名前の通りスペシャルなコーヒーのことをスペシャリティコーヒーと呼びます。

最近流行りのカフェでうちはスペシャリティコーヒー出してます!っていうことを聞きますが、要するにこだわったコーヒー豆を使ってますっていうことです。

じゃあ、どういう基準でどのコーヒー豆ならスペシャリティコーヒーって名前をつけれるのか気になりますね。

 

答えを言うと、今のところ特に決まった定義はありません。

 

 

なんでもスペシャリティコーヒーって名前にしてしまえばいいじゃんと思いますよね。そのほうが売れそうですし…

言ってしまえばできなくはないです。その辺のコーヒーをスペシャリティコーヒーと売り手が言ってしまえばそれまでです。

もちろんですが、その店の信用だったりブランドだったりには関わってきます。

 

 

じゃあ結局何なんだよ…

 

見る人が見ればわかります。

すごく曖昧な答えですが、安くよくわからない豆をスペシャリティコーヒーとして売っていればその店の信用はガタ落ちです。

じゃあ、良い豆とそうでない豆の基準は何なのかということです。

僕が思うにスペシャリティコーヒーとは、産地や生産者、その豆がどのような環境や工程で育ったのかがはっきりわかり、なおかつプロに認められた味であるです。

ではその産地や工程は分かるとして、プロって誰だって話です。

簡単に言うとコーヒー豆についての知識が豊富で、味の特徴や違いの分かる人です。

日本で一番有名な団体だと、日本スペシャリティ協会という大きな法人団体があります。ここの人たちがが各コーヒー豆に点数をつけてそのコーヒーのランクをつけています。

日本はコーヒーの消費量は多いのと、しっかりとした認められた人がそこにはいるので世界的にもコーヒー界では権威もある協会だそうです。

他には、商社だったりカフェが自社で決めている場合もあります。そこにいる人達も、もちろんその中で認められたプロが審査しているでしょう。

フランスのソムリエのように国家資格があるわけではないので明確な定義や資格が必要なわけではないですが、基本的にはそのようなプロの方々によってスペシャリティコーヒーかそうでないかは決められています。

Coffeeカテゴリの最新記事