コーヒーの味に影響を与えるもの

コーヒーの味に影響を与えるもの

コーヒーが私達の手元に届くまで

こちらの記事(コーヒーとは)で説明した通り、コーヒーは様々プロセスを経て私達の手元に届いています。ワインと同様にいくつかの要因によって香り風味異なります

一杯のコーヒーが私達の手元に届くにまでに

栽培収穫精製パッキング輸出焙煎抽出

という工程を踏んでいます。これがコーヒーの旅路です。

味に影響を与えるもの

コーヒーの品種によって味が違うのが想像出来ると思いますが、色々なプロセスの中で一杯のコーヒーの味に影響されることが沢山あります。

栽培・収穫

栽培が行われる場所によってコーヒーの味は大きく変わります。

標高
気候(温度、水分レベルなど)
土壌タイプ
土壌微生物(土壌中に見られる微生物)
地形(農園の構造)
収穫方法(手摘みかor機械

 

この投稿をInstagramで見る

Curren Gaspar(@currymcflurry)がシェアした投稿

 

精製処理

精製処理によって大きく味が違います。

ウォッシュド
ナチュラル
パルプドナチュラル(ハニープロセス)

 

詳しい精製方法については下の記事で説明しています。

 

この投稿をInstagramで見る

SCA Trainer – Paddle Brew(@nick.rozental)がシェアした投稿

 

焙煎

緑色のコーヒーの生豆を茶色の焙煎されたコーヒーに変える作業はコーヒーの味を大きく変えます。

それは火を加えることにるメイラード反応等の様々化学変化ににより味が変化していきます。
 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roasters & Cafe Daily | Coffee(@roasterdaily)がシェアした投稿

 

抽出

醸造は土壌からすべての過程の最終段階であり、様々方法で、コーヒーの味を変えることができます。

抽出におけるいくつかの重要な要素

抽出比(水 – コーヒー)
粉砕サイズ、および均一性
抽出時間
水温

 

この投稿をInstagramで見る

 

Manual Brew Only(@manualbrewonly)がシェアした投稿

 


以上の工程が私達の手元に届くコーヒー一杯の味に影響を与えます。

 

Coffeeカテゴリの最新記事